2010年01月12日

成人の推計患者数が増加―新型インフル(医療介護CBニュース)

 インフルエンザの患者が成人で増加した。昨年12月21-27日の週の推計患者数は、全体で前週から7万人減の100万人だったが、流行の中心である未成年の推計患者数が15.8%減ったのに対し、成人の推計患者数は逆に12.5%増えた。厚生労働省が1月7日の記者会見で明らかにした。患者のほぼすべてが新型とみられる。

 厚労省によると、推計患者100万人を年齢別に見ると、20歳代が前週から3万人増の15万人、30歳代が1万人増の10万人で、40歳代以上は横ばいだった。
 一方、未成年は0-4歳が2万人減の14万人、5-9歳が6万人減の22万人、10-14歳が3万人減の16万人、15-19歳が1万人減の12万人と、すべての年齢層で推計患者数が減った。
 推計患者に占める未成年の割合は64%と依然として高いが、前週の71%より7ポイント減った。

■沖縄で流行が再燃
 この間のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数は19.63で、前週の22.44より2.81ポイント減った。しかし、健康局結核感染症課の中嶋建介・感染症情報管理室長は会見で、過去10年のピークを見ると、2000-01年の10.59などを上回る値だと説明し、「いまだに流行の真っただ中にある」との認識を示した。

 その上で、定点当たり報告数を都道府県別に見ると、9県では増加していたと指摘。特に沖縄は、8月17-23日の週に46.31になるなど、他の都道府県に先駆けて流行を迎えたが、前週の26.07から43.40に大きく増加しており、「少し再燃している」との見方を示した。
 中嶋室長によると、沖縄は8月の流行では20歳代が流行の中心だったが、11月中旬以降は他の都道府県と同じく14歳以下が中心という。中嶋室長は「感染していない子どもが感染すれば、再流行は十分起こり得ることだ」と注意を呼び掛けた。


【関連記事】
インフル定点報告、4週連続で減少―10週ぶり20未満に
人口の10%以上が感染―2009年重大ニュース(1)「新型インフルエンザ」
インフル患者、20歳代以下で減少−感染研
15歳未満、より早い経過で死亡―新型インフル
沖縄の新型インフルピーク時の対応を報告―厚労省研修会

私の親、ピアノ講師です。
こう見えても、ピアノ講師なんです。
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
posted by Frankie at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ニホンスイセン>潮風に300万本の花揺れて 静岡・下田(毎日新聞)

 静岡県下田市の爪木崎(つめきざき)で、かれんなニホンスイセンの花が潮風に揺れている。

 もともと自生していたスイセンに加え、大群落を作ろうと地元住民らが1965年から球根を増やした。今では約10万平方メートルの海岸沿いの丘陵に約300万本が咲く。観光客らは写真を撮るなどして楽しんでいる。

 下田市観光協会によると、今季は例年より2週間ほど開花が早く、見ごろは1月中旬までという。【西本勝】

【関連ニュース】
憂楽帳:スイセン
スイセン:白いじゅうたん 益田・唐音水仙公園で見ごろ /島根
灘黒岩水仙郷:開園 関係者が盛況祈願−−南あわじ /兵庫
和スイセン:早春へのコントラスト 樫野埼灯台周辺で咲く−−串本 /和歌山
スイセン:かれんな花、咲き始め−−習志野 /千葉

にゃんどるへの道
Thanks
現金化
現金化
ショッピング枠現金化
posted by Frankie at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。